MENU

【箱根】彫刻の森美術館に行ってきました!!

橋本

こんにちは!橋本です。

今回は「【箱根】彫刻の森美術館に行ってきました!!」についてお話ししていきたいと思います。

僕は筋トレやサウナ以外にも、実はアートも少し興味関心があるのです(笑)。

なので、せっかく箱根に来たんだから「彫刻の森美術館」にいかないと損ですよね👍。

今回は、特に印象深かった作品の紹介をしていこうと思います。

彫刻の森美術館とは

1969年8月にオープンした「彫刻の森美術館」は、国内で初めての野外美術館になります。

大自然の中に聳え立つ、沢山の彫刻たちは「四季」「天候」「時間帯」によって映し出される表情が最大の魅力だといえます

敷地の広さは7万㎡という広さを誇っており、その広さは福岡ドームの大きさとほぼ同じ広さとなります。

その広大な敷地内に、約120もの作品が展示されています。

中には、足湯ができる場所も設けられています(さすが、温泉の名所「箱根」ですね)。

また、世界的に有名な美術家の「ピカソ」の作品が併設されているのも特徴で、作品数は約300点にも及びます。

印象的な作品集

ミス・ブラック・パワー
ミス・ブラック・パワー

写真だけでは伝わりにくいですが、実物はとても大きく「女性の力強さ」がひしひしと伝わってきました。

嘆きの天使
嘆きの天使

入り口の左手にある「嘆きの天使」は本当に泣いているかのような印象を受けます。

芸術家が何を伝えたかったのかなどの視点で見てみると、考えさせられる作品だなと感じました。

球体をもった球体
球体をもった球体

「球体をもった球体」はその名の通り、球体の中に球体が入っています。

どことなく、地球を連想させるようなデザインです。

幸せを呼ぶシンフォニー彫刻

幸せを呼ぶシンフォニー彫刻
幸せを呼ぶシンフォニー彫刻

メディアにもよく紹介されていた「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」です。

ステンドガラスで覆われた塔は、みるもの全てを魅了しました。

こちらの階段を上がると「彫刻の森美術館」を見渡すことができます。

幸せを呼ぶシンフォニー彫刻
幸せを呼ぶシンフォニー彫刻(階段からの景色)

彫刻の森美術館の利用案内

彫刻の森美術館

住所
神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121

アクセス
箱根登山鉄道「彫刻の森」駅下車より徒歩2分

営業時間
9:00〜17:00 年中無休
注)入館は閉館の30分前まで

支払い方法
クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
現金可
※電子マネー不可

料金
一般:1600円
高・大学生:1200円
小・中学生:800円
小学生未満:無料
※障害者割引あり(要証明書)

最後に

今回は「【箱根】彫刻の森美術館に行ってきました!!」についてお話ししました。

いかがでしょうか?

芸術に興味ある人もない人も楽しめる空間になるのではないかと思います。

今回、紹介した作品以外にも実際に体験型のアート(迷路、洞窟)等もあって楽しかったです。

ぜひ機会があれば「彫刻の森美術館」に寄ってみてはいかがでしょうか。

また、次の記事で👍。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする